賃貸の部屋数

節税対策にもなりますが、事業税について事前に調べておくことをお勧めします。

例えば東京都、神奈川、千葉、埼玉だと、9室以内、各都道府県によってアパートやマンションの部屋数によって、事業税が課せられなかったりします。

決められた部屋数、一軒家でも範囲がありますので、超えない程度で賃貸物件として貸してしまうのです。

それでも部屋が余る場合、事務所や倉庫として運営すれば良いと思います。