Archive for the '不動産経営' Category



理想的なボミ収集ボックス

Published on 2014 年 7 月 26 日

屋外にボミ収集ボックスを作るなら、
よそから捨てる人が出ないような工夫を用いてください。
アパートなどであれば、
あいたスペースに金網で天井付き、鍵付きのボミ収集ボックスを設置するのです。
問題となるのは収集日以外にゴミ出しをする住人や
住人以外が捨てに来ること、
天井がないことでポイ捨てをする通行人となります。
それ以外だと、犬や猫、カラスによる被害ですが、
天井付きにすることでこれらを防ぐことができます。
住人しかしらないロック式キーでゴミを入れてもらいます。
鍵の番号を知らないと開けることはできませんが、
簡単に覚えられる番号で施錠できるようにするのです。


駐車場付きなら借り手が多い?

Published on 2013 年 9 月 3 日

都内なら難しいかもしれませんが、
少し田舎の方になると土地にも余裕が有ることでしょう。
誰も住んでいない建物があるのなら
駐車場付き物件として賃貸にするのはいいことです。
修繕費にお金がかかるからといっても、
そのまま放置しておくと解体費にお金がかかります。
それならば解体するまでの期間を修繕によって引き伸ばし
賃貸料をためておくのです。
駐車場付きならかりては多いかと思います。
別に駐車場をかりなくても良いことと
自宅からでてすぐに駐車スペースがあることでとても便利なのです。


大家さんになるなら勉強をしよう

Published on 2013 年 4 月 25 日

資産運用を考えているなら、スタートさせる前にいろんなことを調べておいてください。
つまりあなた自身勉強をするのです。
投資をされようとしている方を相手にする会社は多く存在します。
マンション建築をたくさん手がけてきた建築会社や工務店、
または不動産物件を提供する不動産会社。
資産運用に向けて強力にサポートするかもしれませんが、
購入時にどれだけのものがかかるかも自身で勉強しておかないと
騙されてしまう可能性があります。
もしくは、ローンも組むのに予定内に仕上がらないなどのトラブルだって起きかねません。
これは実際に多くあるようですよ。
天候によって左右される部分もありますので多少のずれはあるかもしれません。
でも数ヶ月も伸びてしまうと組んだローンの返済も迫られてきますので
かなり困ったことになるのです。


跡を継ぐ者のことを考えて

Published on 2013 年 1 月 7 日

大家さんになり収益不動産を持つ。
ローンを組みながらでも十分に生活できて
預貯金も増やせるってとても魅力的なことです。
収益不動産を持つために投資をする方が居ますが、
私感的なことを言わせてもらうと、相続をする方のことまで考えてほしいと思います。
もし団体生命保険に加入せずローンを残したまま不動産を相続した場合、
収益は上がってもローンの返済や相続税で却って厳しくなることがあるのです。
団体生命保険に加入しているとローン返済の心配はありませんが、
相続税が莫大なものとなった場合、相続をされる方の生活が苦しくなることもあります。


礼金について考えてみたい

Published on 2012 年 12 月 17 日

賃貸物件では敷金や前家賃、礼金を取るところがあります。
中には敷金礼金無しという物件もあり人気だそうですが、
敷金なしという物件だと借りやすいけど退去時が大変だという話も聞かれます。
敷金は退去時に行うクリーニングや
家賃滞納次の補填に使われることが多いため、
家主さんとしても借り手側にしても保険のような感じになり
私的には良いものだと受け止めています。
ただ、礼金については考えてみたいもの。
家主さんとしては、長く住んでもらうことで家賃収入が有りありがたいと感じます。
なのに、最初に貸してあげるからお礼を払ってくれというのはどうなのかと。
不動産管理している会社では礼金は不動産にいくものではなく
家主さんにいくことが多い。
ネットでそれを知っている方が多くなっていますので
空室率を埋めるために礼金について改めて考えたほうがいいのかと感じました。


宝くじがあたったら一番にしたいこと

Published on 2012 年 6 月 13 日

宝くじがあたったら一番にしたいことってなんでしょうか?
欲しい車を買う人もいるでしょうし、
家を買いたいという方もいると思いますが、
将来を考えた結果、収益不動産が一番だという方も多いそうです。
いわゆる、3億円当たったらマンションやアパートを建てて
大家さんになり、年金以外にも収入があるようにするということです。
これだと年金と退職金だけの生活をせずに済みます。
退職金のほとんどが残った家のローンに当てられるといいますが、
収益不動産を持っていると、老後も安心なのです。


大家のリスク

Published on 2011 年 4 月 22 日

私の父が使っていない一軒家を持っていて、そこを不動産を通さずにある人に貸したそうです。
しかし、一円も家賃を支払わなかったそうです。
しかし、税務署から家賃収入があるとして税金を引かれたそうです。
完全に騙されているのと同じです。
こういう人は請求しても絶対に支払いません。
不動産屋を通したほうが良いというのはこういう訳です。


騒音問題は大家の宿命

Published on 2011 年 3 月 16 日

アパートには昼間だけではなく、夕方や夜に行ってみましょう。
騒音を出す人がいれば注意したほうが良いと思います。
こういう人がいるとせっかく入居しても他の住人が出て行く事があるからです。
貸しっぱなしにしていて不労所得を得るような経営ではなりたたない物なのですから。


留学生用の物件を考える

Published on 2010 年 8 月 15 日

海外からの留学生を受け入れるには不安があるようです。
しかし、空き部屋があると、収益面で不安定になり、頭を抱えてしまいます。
もし、留学生が多い地域なら、外国の法律に強い専門家に相談してはどうでしょう?
国によって人の考え方は様々で、習慣は勿論、法律だって変わってきます。
日本にいればその国の法律が適用されることは当たり前ですが、国の違いを知るだけでも対策を打つことが出来ることがあるようです。


賃貸の部屋数

Published on 2010 年 7 月 20 日

節税対策にもなりますが、事業税について事前に調べておくことをお勧めします。
例えば東京都、神奈川、千葉、埼玉だと、9室以内、各都道府県によってアパートやマンションの部屋数によって、事業税が課せられなかったりします。
決められた部屋数、一軒家でも範囲がありますので、超えない程度で賃貸物件として貸してしまうのです。
それでも部屋が余る場合、事務所や倉庫として運営すれば良いと思います。